【ひよこ豆の水煮】パナソニック電気圧力鍋NF-PC400対応レシピ

ひよこ豆の水煮

パナソニック電気圧力鍋NF-PC400を使った、ひよこ豆のゆで方をご紹介します。旧製品(SR-MP300)は圧力調理でゆでられたけれど、新製品(NF-PC400)では圧力調理でひよこ豆が煮崩れてしまうので、煮込みモードを使うのがおすすめ!

このレシピはパナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)でおいしく作れます。

ひよこ豆は一晩水で戻す

まずは乾燥ひよこ豆の量をはかりましょう。4人分の料理に使いやすい量は、200mLの計量カップで1/2ぐらいが目安。重さにすると約75gです。

乾燥ひよこ豆は水で戻してから使います。豆を軽く水洗いしたらボウルに入れて、豆の4倍の量の水を注いで、一晩置いておきましょう。

一晩水に浸すと、乾燥ひよこ豆は水を吸って大きく膨らみますよ。

ひよこ豆は吸水の加減によって、ゆで時間(煮込みモードの時間設定)が変わってきます。吸水の時間をしっかりとると、煮込み時間が短く設定できて煮崩れも防げます。そのため、吸水はしっかりしておきましょう。

浸し水ごと電気圧力鍋へ

乾燥ひよこ豆を水で戻したら、浸し水ごと電気圧力鍋の釜に入れて。

足し水をして煮込み・15分

浸し水だけでゆでると水の量が足りなくなる感じなので、足し水を1カップ注いだら、

電気圧力鍋のふたを閉めて、

煮込み・15分にセット。

ひよこ豆をざるに上げる

煮込みが終わったら、圧力ピンが下がったのを確認して、ふたを開けましょう。(煮込みモードを使っても煮込み中に圧力が上がります。)

また、煮込みの途中でアク(えぐみ)はすくえないから、ひよこ豆はざるに上げて、ゆで汁はしっかり切るのがおすすめ。

電気圧力鍋の煮込みモードで、ほどよくやわらかになったひよこ豆。

ひよこ豆ならではのうまみもたっぷり感じられます。

ひよこ豆の水煮の使い道

煮込みモードでゆでたひよこ豆は、煮崩れがなくて料理に使いやすい!
サラダはもちろん、

スープにも。ほどよい食感にゆでているから、具材と一緒に煮込んでもよし。

また、炒めものにも便利です。おすすめはカレー粉、だし醤油(あるいはカレー粉、顆粒コンソメ、醤油)で味付けしたひよこ豆だけの炒めもの。かんたんなのにおいしいです。

また、ゆでたてのひよこ豆にレモン汁、塩こしょう、オリーブオイルをあえて、冷蔵庫で冷やしてマリネしておいても便利。

さわやかな下味の付いたひよこ豆は、サラダにもスープにもアレンジ可能です。

【レシピ】ひよこ豆の水煮

それでは最後にレシピを記しておきますね。
電気圧力鍋の圧力調理でひよこ豆が煮崩れてしまうときは、煮込みモードを使うと煮崩れが防げます。
ぜひ一度お試しください~。

■材料:料理に使いやすい分量
乾燥ひよこ豆 約75g(1/2カップ)
水 2カップ
足し水 1カップ


■作り方(煮込み・15分)※パナソニック製の電気圧力鍋(NF-PC400)を使用。


1. 乾燥ひよこ豆は軽く水洗いして水に一晩浸す。


2. 1のひよこ豆を浸し水ごと電気圧力鍋に入れる。


3. 電気圧力鍋に足し水を加える
*豆と水を合わせた量が、釜の目盛「豆ここまで」等の記載を越えないようにします。(爆発等の事故の原因となるため)


4. 電気圧力鍋のふたを閉めて、煮込み・15分にセットする。


5. 煮込みが終わったら、圧力ピンが下がったのを確認して、ふたを開ける。


6. ひよこ豆をざるに上げ、ゆで汁を切る。


このレシピはパナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)でおいしく作れます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック NF-PC400-K 電気圧力鍋 ブラック NFPC400K
価格:27,551円(税込、送料別) (2024/4/30時点)


【電気圧力鍋でヘルシーごはん】
このブログでは、ふだん使いで、なるべく手間のかからない電気圧力鍋レシピを研究中。おいしくできた料理をコツコツ公開しています。加圧時間や食材の組み合わせなど、電気圧力鍋を使うときのちょっとしたヒントにして頂けましたら幸いです。

電気圧力鍋料理の写真