【蒸しなすの生姜だれ】電気圧力鍋でふかふかに蒸すだけ!夏のご馳走

蒸しなすの写真

電気圧力鍋でなすを蒸すと、ふかふかでふわっふわ。お箸でさくっと切れるやわらかさです。なすそのものがおいしいから、ちゃちゃっと作った生姜だれをかけるだけでご馳走に変身。たれをかけたら温かいままでも、冷やして食べても、どちらもおすすめ!

このレシピは、パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)と旧製品(SR-MP300)どちらでもおいしく作れます。

なすは水にさらす

なすは蒸す前にアク抜きをしておきます。
なすはへたを切り落とし、縦半分に切って水にさらしましょう。

圧力調理で蒸す

なすを水にさらしたら、電気圧力鍋で蒸す準備。
電気圧力鍋の釜に蒸し板を敷いて、水(蒸し水)を入れましょう。

なすは水気を切って金属製のざるに入れ、ざるごと蒸し板の上に置き、

圧力調理・1分にセットします。

生姜だれを作る

生姜だれは、なすを蒸している間に作っておくと、生姜に味がしみておいしいですよ。
みじん切りした生姜に、醤油、酢、砂糖、ごま油をよく混ぜ合わせましょう。

器に移して生姜だれをかける

圧力ピンが下がると、なすはふかふかやわらかです。
なすの皮はやわらかくて剥げやすいので、取り出すときは注意しましょう。
あら熱が取れたら、へたの方を手でつかんで取り出すと、皮が剥げにくくておすすめ。なすが熱いときは、キッチンペーパーを使ってなすをつかむと熱さがやわらぎますよ。

なすを器に移したら、あらかじめ作っておいた生姜だれをまわしかけて。

電気圧力鍋で蒸したなすは、ふかふか、ふわっふわ。お箸でさくっと切れるやわらかさです。

温かいままでも、冷やしても美味

生姜だれをかけた蒸しなすは、温かいまま食べてもふわふわでおいしいです。また、時間があるときは冷蔵庫で冷やすのもおすすめ。冷やすと、さらに味しみしみです。

【レシピ】蒸しなすの生姜だれ

それでは最後にレシピを記しておきますね。
電気圧力鍋でなすを蒸すと、驚くほどふかふかでふわっふわ。
できたてを食べても、冷やして食べても、なすならではのおいしさが楽しめます。

■材料(3~4人分)
なす(中)3本
蒸し水 電気圧力鍋で定められた量
【生姜だれ】
★生姜(みじん切り)二片
★醤油 大さじ1
★酢 大さじ1
★砂糖 小さじ1
★ごま油 小さじ1

*蒸し水の量(パナソニック製の電気圧力鍋の場合)
NF-PC400 3/4カップ
SR-MP300(旧製品) 1/2カップ

■作り方(圧力調理・1分)※パナソニック製の電気圧力鍋(NF-PC400・SR-MP300)を使用。


1. なすはへたを切り落とし、縦半分に切って水にさらす。


2. 電気圧力鍋の釜に蒸し板を敷き、蒸し水を入れる。


3. なすは水気を切って金属製のざるに入れ、ざるごと蒸し板の上にのせる。


4. 圧力調理・1分にセットする。


5. 【生姜だれを作る】★の材料を混ぜ合わせる。


6. 圧力ピンが下がったら、あら熱を取り、なすを器に移す。


7. なすに5をまわしかける。


※パナソニック製の電気圧力鍋の圧力は70kPa(1.7気圧)で一般的な強さですが、圧力が異なる製品や他製品をお使いの場合は、加圧時間の調整が必要かもしれません。

このレシピは、パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)と旧製品(SR-MP300)どちらでもおいしく作れます。

パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック NF-PC400-K 電気圧力鍋 ブラック NFPC400K
価格:27,551円(税込、送料別) (2024/4/30時点)


パナソニック電気圧力鍋の旧製品(SR-MP300)はこちら↓


【電気圧力鍋でヘルシーごはん】
このブログでは、ふだん使いで、なるべく手間のかからない電気圧力鍋レシピを研究中。おいしくできた料理をコツコツ公開しています。加圧時間や食材の組み合わせなど、電気圧力鍋を使うときのちょっとしたヒントにして頂けましたら幸いです。

電気圧力鍋料理の写真