【蒸しとうもろこし】電気圧力鍋で蒸すとプチプチ甘い!旬のごちそう

蒸しとうもろこしの写真

電気圧力鍋でとうもろこしを蒸すと、とってもおいしくて感動します。プチプチとした食感。ジューシーでしっとりとした甘み。加熱ムラがなくて粒の根元までやわらか。おいしさは満点です。また、まとめていっぺんに蒸せるから、時短にもなって大助かり!

このレシピは、パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)と旧製品(SR-MP300)どちらでもおいしく作れます。

とうもろこしの下ごしらえ

蒸し方はとってもかんたん!

とうもろこしは薄い皮を数枚残し、外側の青くて硬い皮をはぎ取りましょう。

外皮をはいだら根元をポキッと折ると、かんたんに取り除けますよ。

とうもろこしのひげの部分は、包丁かキッチンばさみで皮ごとざくっと切り落として。

電気圧力鍋に丸ごと入らないときは?

とうもろこしが釜に入り切らないときは、とうもろこしを少しずつ回しながら、皮に包丁で切り込みを入れて、

手でポキッと半分に折って、釜に入るサイズにしましょう。

皮付きのまま圧力調理で蒸す

とうもろこしの下ごしらえが終わったら、電気圧力鍋で蒸す準備です。釜に蒸し板を敷いて、水(蒸し水)を入れ、

とうもろこしを並べ入れて。

半分に切った場合は、こんな風にパズルのように並べ入れます。

ここまでできたら、圧力調理・3分にセット。
なお、とうもろこしは半分に切っても切らなくても、加圧時間は変わりません。

プチプチしっとり、粒の根元までやわらか!

圧力ピンが下がったら、ふたを開けましょう。とうもろこし香りで癒されること間違いなし…。

とうもろこしは熱々なので、少し冷ましてから皮やひげを取り除いて。

あとは、お好みで食べやすい大きさに切れば完成です。

電気圧力鍋で蒸したとうもろこしは甘くてプチプチ、ジューシーでやわらか。そのまま食べてもごちそうです!

蒸しとうもろこしのアレンジ

また、電気圧力鍋で蒸したとうもろこしは、アレンジもおすすめ。
たとえばバター醤油焼き。バターを熱したフライパンで蒸しとうもろこしを焼いて、仕上げに醤油をジュ―ッとまわしかけると、何とも香ばしい匂い…。

また、実を削いでサラダやスープに加えると、ジューシーな甘みがいい仕事をしてくれますよ。

【レシピ】蒸しとうもろこし

とうもろこしは電気圧力鍋を使えば、まとめていっぺんに蒸せるうえ、加熱ムラがなく、粒の根元まやわらかく仕上がります。すっごくおいしいので、ぜひ一度お試しください~。

■材料(4人分)
とうもろこし 2~3本(釜の最大容量を超えない量)
蒸し水 電気圧力鍋で定められた量

*蒸し水の量(パナソニック製の電気圧力鍋の場合)
NF-PC400 3/4カップ
SR-MP300(旧製品) 1/2カップ

■作り方(圧力調理・3分)※パナソニック製の電気圧力鍋(NF-PC400・SR-MP300)を使用。 


1. とうもろこしは外側の硬い皮をむき、薄い皮を数枚残す。


2. とうもろこしのひげを包丁やキッチンばさみで切り落とす。


3. とうもろこしが電気圧力鍋に入らない場合は、皮ごと半分に切る。


4. 電気圧力鍋に蒸し板を敷き、蒸し水を入れる。


5. 電気圧力鍋にとうもろこしを並べ入れ、圧力調理・3分にセットする。


6. 圧力ピンが下がったら、あら熱を取る。


7. 皮やひげを取り除き、お好みで食べやすい大きさに切る。


※パナソニック製の電気圧力鍋の圧力は70kPa(1.7気圧)で一般的な強さですが、圧力が異なる製品や他製品をお使いの場合は、加圧時間の調整が必要かもしれません。

このレシピは、パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)と旧製品(SR-MP300)どちらでもおいしく作れます。

パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック NF-PC400-K 電気圧力鍋 ブラック NFPC400K
価格:27,551円(税込、送料別) (2024/4/30時点)


パナソニック電気圧力鍋の旧製品(SR-MP300)はこちら↓


作り置きするときの保存法

ちなみに、蒸しとうもろこしを作り置きするときは、あら熱がとれたら1個ずつラップで包んで冷蔵庫へ。ラップでぴっちり包んでおくと、粒のプチプチな張りやみずみずしさがキープできます。また、外皮を付けたまま保存すると皮の青臭さが実に移るので、外皮ははがすのがおすすめですよ。

【電気圧力鍋でヘルシーごはん】
このブログでは、ふだん使いで、なるべく手間のかからない電気圧力鍋レシピを研究中。おいしくできた料理をコツコツ公開しています。加圧時間や食材の組み合わせなど、電気圧力鍋を使うときのちょっとしたヒントにして頂けましたら幸いです。

電気圧力鍋料理の写真