【大豆の醤油漬け】和えもの、炒めもの、混ぜご飯にアレンジ大!

大豆の混ぜご飯の写真

電気圧力鍋で作った大豆の水煮は、醤油漬けにすると、とってもおいしい!30分後にはあっさりとした塩気が付いて、混ぜご飯にすると香りよし。翌日は醤油がしみしみだから、調味料の代わりに和えものや炒めものに使って、大豆料理が手早くおいしく完成です。

このレシピは、パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)と旧製品(SR-MP300)どちらでもおいしく作れます。

大豆の水煮を作る

作り方はとってもかんたん!まずは電気圧力鍋で大豆の水煮を作りましょう。

乾燥大豆を一晩水に浸す

乾燥大豆は水でやさしく洗って、豆の4倍ぐらいの量の水に一晩浸します。

大豆の皮にしわが寄らなくなったら、吸水完了の合図です。

圧力調理で大豆をゆでる

吸水が終わった大豆は、浸し水ごと電気圧力鍋に入れて、

圧力調理・3分にセット。

大豆をざるに上げる

圧力ピンが下がったら、ふたを開けましょう。
ゆで汁にはアクのえぐみが含まれていることがあるので、

大豆はざるに上げて水気をしっかり切り、あら熱を取りましょう。

醤油に漬けて冷蔵庫で保存

できあがった大豆の水煮は、保存袋に入れて醤油を加え、

全体に醤油が絡まるように大豆をならしたら、冷蔵庫で保存します。
しばらく冷やして味をしみ込ませれば、大豆の醤油漬け、完成です~!

大豆の醤油漬けのアレンジ

大豆の醤油漬けは使い道いろいろ。ご飯のお供はもちろん、和えものや炒めものの調味料としても使えます。

大豆の混ぜご飯

大豆の醤油漬けは、30分経つと、さっぱりとした醤油味。
混ぜごはんの具にすると、ほんのりとした塩気がいい塩梅です。

大豆と舞茸の炒めもの

大豆を醤油に漬けてから1時間以上経つと、醤油の味がしみっしみ。
塩気が濃いので、炒めものや和えものに調味料の代わりに使えます。
たとえば、大豆と舞茸の炒めもの。

醤油が焦げやすいので、舞茸を先に炒めて火を通し、最後に大豆の醤油漬けを加えて。
焦げ目が少し付くように焼き付けると、香ばしくておいしいですよ。

大豆ときゅうりと長ねぎの和えもの

こちらは、前日に作った大豆の醤油漬けに、小さく切ったきゅうりと小口切りの長ねぎを和えたもの。
大豆がしっかり醤油味だから、他の調味料を加えなくても、塩気がちょうどよく付いておいしいです。

大豆のおろし和え

また、大豆の醤油漬けは、大根おろしと相性抜群。
漬け汁の醤油と一緒に大根おろしにかけると、おかわりしたくなる味わいです。

【レシピ】大豆の醤油漬け

それでは最後にレシピを記しておきますね。
大豆の水煮は醤油漬けにすると、副菜などにアレンジ大。大豆が手早くおいしく食べられます。
ぜひ一度お試しください~。

■材料
乾燥大豆 75g(約1/2カップ)
水 2カップ
醤油 大さじ2


■作り方(圧力調理・3分)※パナソニック製の電気圧力鍋(NF-PC400・SR-MP300)を使用。


1. 乾燥大豆はやさしく水洗いして、水に一晩浸す。


2. 1を浸し水ごと電気圧力鍋に入れ、圧力調理・3分にセットする。
*煮汁と豆を合わせた量が、釜の目盛「豆ここまで」等の記載を越えないようにします(爆発等の事故の原因となるため)。


3. 圧力ピンが下がったら、ざるに上げて水気を切り、あら熱を取る。


4. 3を保存袋に入れ、醤油を入れて大豆全体に絡める。


5. 4を冷蔵庫に入れ、30分以上置く。


※パナソニック製の電気圧力鍋の圧力は70kPa(1.7気圧)で一般的な強さですが、圧力が異なる製品や他製品をお使いの場合は、加圧時間の調整が必要かもしれません。

このレシピは、パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)と旧製品(SR-MP300)どちらでもおいしく作れます。

パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック NF-PC400-K 電気圧力鍋 ブラック NFPC400K
価格:27,551円(税込、送料別) (2024/4/30時点)


パナソニック電気圧力鍋の旧製品(SR-MP300)はこちら↓


【電気圧力鍋でヘルシーごはん】
このブログでは、ふだん使いで、なるべく手間のかからない電気圧力鍋レシピを研究中。おいしくできた料理をコツコツ公開しています。加圧時間や食材の組み合わせなど、電気圧力鍋を使うときのちょっとしたヒントにして頂けましたら幸いです。

電気圧力鍋料理の写真