【さばの煮付け】電気圧力鍋でふっくら、やわらか!うまみたっぷり

さばの煮付けの写真

脂ののった新鮮なさばは、電気圧力鍋で圧力調理すると、ふっくらやわらか!シンプルな煮付けもうま味たっぷりで、とってもおいしく仕上がりますよ。さばは洗って臭みを抜いたら、醤油、みりん、砂糖などの煮汁で圧力調理後、さっと煮込んで完成です。

さばは洗って臭みを取る

それではさっそく作り方をご紹介しますね。
さばは圧力調理する前に、水できれいに洗って臭みを取ります。
水を張ったボウルの中で、さばをていねいに洗いましょう。
(熱湯に浸す霜降りも試してみたけど、水でよく洗うだけでも臭みが取れる印象でした。)

さばは水で洗ったら、皮目に切り込みを入れて。

切り込みを入れると、加熱の際に身が縮みにくくなったり、火の通りがよくなったりするそうですよ。

ひたひたの煮汁で圧力調理

さばの下ごしらえが終わったら、電気圧力鍋の釜に並べ入れましょう。
さばは皮目を上にしておくと、釜底にくっつくことなく仕上がります。
切り身同士は重なると加熱でくっついてしまうことがあるので、なるべく重ならないように並べ入れて。

さばを並べ入れたら、皮付きのまま薄切りにした生姜を入れて、

水、酒、醤油、みりん、砂糖を混ぜ合わせた煮汁をひたひたになるまで加えたら、

圧力調理・2分にセット。

煮込みモードで煮汁を煮詰める

圧力ピンが下がったら、ふたを開けて。このままでは味が少し薄いので、

煮込み・7分にセットして、煮汁を煮詰めましょう。

煮込みモードが終わったら、しばらく置いてあら熱を取りつつ、味をなじませれば完成です。

さば、ふっくらやわらか。
シンプルな煮付けだからこそ、うま味もたっぷり感じられます。

【レシピ】さばの煮付け

それでは最後にレシピを記しておきますね。
新鮮な旬のさばを使えば、おいしくなること間違いなし。
さばがおいしい季節にぜひお試しください~。

■材料(4人分)
さば(切り身)4切れ
生姜 1片
★水 3/4カップ
★酒 大さじ2
★醤油 大さじ2
★みりん 大さじ2
★砂糖 大さじ1と1/2


■作り方(圧力調理・2分→煮込み・7分)※パナソニック製の電気圧力鍋を使用。


1. さばは水でよく洗う。


2. 生姜は皮付きのまま薄切りにする。


3. 電気圧力鍋に水気を切った1と、2を入れ、★の材料を混ぜ合わせて加える。


4. 圧力調理・2分にセットする。


5. 圧力ピンが下がったら、ふたを開け、煮込み・7分にセットする。


6. 煮込みが終わったら、しばらく置いて味をなじませる。


※パナソニック製の電気圧力鍋の圧力は70kPa(1.7気圧)で一般的な強さですが、圧力が異なる製品や他製品をお使いの場合は、加圧時間の調整が必要かもしれません。


ちなみに…さばの骨は電気圧力鍋でやわらかくできるの?できないの?

さばは骨までやわらかくできるのか?試してみたところ、パナソニック製の電気圧力鍋(SR-MP300)では、さばの骨は圧力調理・60分でも、背骨がキシキシときしむような歯ごたえで、やわらかくなりませんでした。
さばの背骨はとても太くて頑丈なので、高圧機能のない一般的な電気圧力鍋の場合は、骨までやわらかく煮るというより、身をふっくらやわらかく煮るために、さっと数分、圧力調理で火を通すのがおすすめかなって思います。

【電気圧力鍋でヘルシーごはん】
このブログでは、ふだん使いで、なるべく手間のかからない電気圧力鍋レシピを研究中。おいしくできた料理をコツコツ公開しています。加圧時間や食材の組み合わせなど、電気圧力鍋を使うときのちょっとしたヒントにして頂けましたら幸いです。

電気圧力鍋料理の写真