【さつまいものきな粉あえ】電気圧力鍋でかんたん。こどもに人気

さつまいものきな粉あえの写真

秋冬のさつまいものおいしさを、野菜が苦手なこどもたちにも。電気圧力鍋で作る、さつまいものきな粉あえは、圧力調理で蒸したさつまいもに、きな粉と砂糖をまぶすだけ。かんたんだけど、甘くてホクホク!ちびっこもきっと喜んで食べてくれると思います。

このレシピは、パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)と旧製品(SR-MP300)どちらでもおいしく作れます。

さつまいもを金属製のざるか蒸しかごに入れる

さつまいものきな粉あえは、こどもが野菜を進んで食べてくれないときにも重宝する一品です。
まずは圧力調理でさつまいもをホクホクに蒸しましょう!
電気圧力鍋の釜に蒸し板を敷いて、蒸し水を入れて。

さつまいもは1~1.5cmの角切りにして水にさらしたら、金属製のざるにあげ、ざるごと蒸し板の上に置きましょう。(写真では、さつまいもは皮付きのまま切っていますが、蒸し調理は煮崩れることがないので、皮はむいても大丈夫。)

圧力調理でさつまいもを蒸す

ここまでできたら、釜を電気圧力鍋に入れ、圧力調理・1分にセット。
圧力ピンが下がってふたを開けると、黄金色に蒸し上がったさつまいものおでましです。

さつまいもに、きな粉砂糖をあえる

蒸したさつまいもはボウルなどに移して、

きな粉と砂糖をよく混ぜ合わせてから加えたら、

きな粉砂糖が全体にからまるように、やさしくあえて完成。

かんたんなのに、とってもおいしい!甘くてホクホクなさつまいものきな粉あえです。

【レシピ】さつまいものきな粉あえ

それでは最後にレシピを記しておきますね。
きな粉砂糖は食べる直前にあえると、べたつきが抑えられます。
また、きな粉と砂糖はよく混ぜ合わせてからさつまいもにからめると、味が均一に仕上がりますよ。

■材料(4人分)
さつまいも(中)1本
蒸し水 電気圧力鍋で定められた量
★きな粉 大さじ1~
★砂糖 大さじ1~
(きな粉と砂糖の量は1対1の割合で、味を見て量を調節してください。)

*蒸し水の量(パナソニック製の電気圧力鍋の場合)
NF-PC400 3/4カップ
SR-MP300(旧製品) 1/2カップ

■作り方(圧力調理・1分)※パナソニック製の電気圧力鍋(NF-PC400・SR-MP300)を使用。


1. さつまいもは1~1.5cmの角切りにして、水(分量外)にさらす。


2. 電気圧力鍋の釜に蒸し板を敷き、蒸し水を入れる。


3. 1のさつまいもを金属製のざるにあげて水気を切り、ざるのまま蒸し板の上にのせる。


4. 圧力調理・1分にセットしてスタートボタンを押す。


5. 圧力ピンが下がったら、さつまいもをボウルなどに移す。


6. ★の材料をよく混ぜ合わせて5に加え、全体にからまるようにやさしくあえる。


※パナソニック製の電気圧力鍋の圧力は70kPa(1.7気圧)で一般的な強さですが、圧力が異なる製品や他製品をお使いの場合は、加圧時間の調整が必要かもしれません。

このレシピは、パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)と旧製品(SR-MP300)どちらでもおいしく作れます。

パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック NF-PC400-K 電気圧力鍋 ブラック NFPC400K
価格:27,551円(税込、送料別) (2024/4/30時点)


パナソニック電気圧力鍋の旧製品(SR-MP300)はこちら↓


【電気圧力鍋でヘルシーごはん】
このブログでは、ふだん使いで、なるべく手間のかからない電気圧力鍋レシピを研究中。おいしくできた料理をコツコツ公開しています。加圧時間や食材の組み合わせなど、電気圧力鍋を使うときのちょっとしたヒントにして頂けましたら幸いです。

電気圧力鍋料理の写真