【かぼちゃの煮物】電気圧力鍋で無水調理。ホクホクおいしい定番料理

かぼちゃの煮物の写真

かぼちゃの煮物は、電気圧力鍋で無水調理すると、驚くほどホクホクになります。皮までやわらかで食べやすく、無水調理でかぼちゃそのものの味わいが引き出されるので、味付けは薄味でも大丈夫。作り方もかんたんなので、ふだんの食卓に大活躍です。

このレシピは、パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)と旧製品(SR-MP300)どちらでもおいしく作れます。

かぼちゃは皮を下にして電気圧力鍋へ

作り方は、とってもかんたんです!
かぼちゃは種とワタを取り除き、一口大に切ったら、皮を下にして電気圧力鍋に並べ入れます。(無水調理は煮崩れることがないので、面取りはしても、しなくても、お好みで大丈夫です。)

少しの煮汁で無水調理

かぼちゃを入れたら、水、砂糖大さじ1、醤油大さじ1を混ぜ合わせた煮汁をまわしかけて、

無水調理・8分にセット。

皮までやわらか、ホクホク!

圧力ピンが下がってふたを開けると、かぼちゃホクホク!

皮までやわらかで食べやすく、無水調理でかぼちゃそのものの味わいも引き出されていて、とってもおいしいです!

ちなみに、水っぽいかぼちゃを使っても、普通のお鍋で煮るよりはホクホク仕上がる感じです。

【レシピ】かぼちゃの煮物

かぼちゃの煮物は、電気圧力鍋で無水調理するのが断然おすすめ!
皮までおいしく食べられて、ホクホク感がクセになります。
ぜひ一度お試しください~。

■材料(4人分)
かぼちゃ 1/8~1/4個(釜底に並べ切れる分量)
★水 下の表を参照
★砂糖 大さじ1
★醤油 大さじ1

*水の量(パナソニック製の電気圧力鍋の場合)
NF-PC4001/2カップ
SR-MP300(旧製品)大さじ4
加圧できない/乾いた食感になる/焦げ付く等、うまくいかない場合は水の量が不足しています。上記以外の電気圧力鍋(圧力の強さ:70kPa(1.7気圧))を使用する場合は、調味料の量は変えずに水の量を調節してみてください。

■作り方(無水調理・8分)※パナソニック製の電気圧力鍋(NF-PC400・SR-MP300)を使用。


1. かぼちゃは種とワタを取り除き、一口大に切る。


2. 電気圧力鍋に、1を皮を下にして並べ入れる。


3. ★の材料を混ぜ合わせて2にまわしかけ、無水調理・8分にセットする。


4. 圧力ピンが下がったら取り出す。


※パナソニック製の電気圧力鍋の圧力は70kPa(1.7気圧)で一般的な強さですが、圧力が異なる製品や他製品をお使いの場合は、加圧時間の調整が必要かもしれません。

このレシピは、パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)と旧製品(SR-MP300)どちらでもおいしく作れます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック NF-PC400-K 電気圧力鍋 ブラック NFPC400K
価格:27,551円(税込、送料別) (2024/4/30時点)


パナソニック電気圧力鍋の旧製品(SR-MP300)はこちら↓


【電気圧力鍋でヘルシーごはん】
このブログでは、ふだん使いで、なるべく手間のかからない電気圧力鍋レシピを研究中。おいしくできた料理をコツコツ公開しています。加圧時間や食材の組み合わせなど、電気圧力鍋を使うときのちょっとしたヒントにして頂けましたら幸いです。

電気圧力鍋料理の写真