【いなり揚げ】電気圧力鍋で味しみ油揚げ。きつねうどんやいなりずしに

きつねうどんの写真

電気圧力鍋で油揚げをまとめて煮ると、きつねうどんやいなりずしが手軽に作れて便利です。圧力調理なら、味しみしみでジューシーに仕上がるうえに、ほったらかしで煮られて、とってもラクちん。買い過ぎた油揚げを消費したいときにも助かりますよ。

このレシピはパナソニック電気圧力鍋旧製品(SR-MP300)でおいしく作れます。

油揚げは中を開くと便利

油揚げは中を開いてから圧力調理すれば、いなりずしの皮としても使えて後々助かります。
中を開くときは、半分に切った油揚げに菜箸を当ててコロコロ転がすと、開きやすくなりますよ。

油抜きをする

油揚げは油抜きをきちんと済ませておくと、味のしみ込みが格段に上がります。
お鍋に沸かした熱湯で、油揚げをぐつぐつと2分ほどゆでたら、

ざるに上げて水気を切りましょう。

電気圧力鍋に油揚げを入れる

油揚げのあら熱が取れたら、電気圧力鍋の釜になるべく平らに広げて入れます。

油揚げを広げてしわを少なくしておくと、仕上がりの見た目がよくなるほか、いなりずしを作るときに酢飯を入れやすくなりますよ。

煮汁を加えて圧力調理

油揚げを並べ入れたら、だし汁、砂糖、醤油を合わせた煮汁をひたひたになるまで加え、

圧力調理・2分にセット。

しばらく置いて味をなじませる

圧力ピンが下がって落としぶたをめくると、油揚げやわらか~。
しばらく置いて味をなじませたら、じゅわわっと煮汁あふれる、ジューシーないなりの皮が完成です!

きつねうどんや、いなりずしにアレンジ

いなりの皮は、温かいうどんにのせて、きつねうどんにしてもよし。
容器に移して、冷蔵庫でしっかり冷やせば、

冷やしきつねうどんも、お手軽。

いなりずしもかんたんに作れて大助かりです~。

【レシピ】いなり揚げ

それでは最後に、レシピを記しておきますね。
消費期限が迫りがちな油揚げも、電気圧力鍋でまとめて煮ちゃえば、かんたんにおいしく食べられます。
ぜひ一度お試しください~。

■材料
油揚げ 5枚
★だし汁 1カップ
★醤油 大さじ3
★砂糖 大さじ3と1/2


■作り方(圧力調理・2分)※パナソニック製の電気圧力鍋(SR-MP300)を使用。


1. 油揚げは半分に切り、中を開く。


2. 鍋に湯を沸かし、1を入れて2分ほど煮たら、ざるにあげる。


3. 2の形をととのえて、電気圧力鍋の釜に並べ入れ、★の材料を混ぜ合わせて加える。


4. 圧力調理・2分にセットする。


5. 圧力ピンが下がったら、しばらく置いて味をなじませる。


※パナソニック製の電気圧力鍋の圧力は70kPa(1.7気圧)で一般的な強さですが、圧力が異なる製品や他製品をお使いの場合は、加圧時間の調整が必要かもしれません。

このレシピはパナソニック電気圧力鍋旧製品(SR-MP300)でおいしく作れます。


【電気圧力鍋でヘルシーごはん】
このブログでは、ふだん使いで、なるべく手間のかからない電気圧力鍋レシピを研究中。おいしくできた料理をコツコツ公開しています。加圧時間や食材の組み合わせなど、電気圧力鍋を使うときのちょっとしたヒントにして頂けましたら幸いです。

電気圧力鍋料理の写真