【じゃがいもと油揚げの煮物】電気圧力鍋でかんたん!味しみホクホク

じゃがいもと油揚げの煮物

電気圧力鍋で煮崩れやすいじゃがいもは、品種を選べばおいしい煮物が作れます。おすすめは男爵やメークイン。短時間の加圧なら、ほどよく煮崩れて味しみしみに。そんなじゃがいもに、味のしみやすい油揚げを組み合わせれば、おいしくなること間違いなし。

男爵やメークインを使って

じゃがいもは電気圧力鍋で煮ると、ぐずぐずに煮崩れる品種(例:北あかり)もあれば、ほとんど煮崩れない品種(例:北海こがね)もあります。
男爵やメークインは、その中間あたり。圧力調理で男爵はほどよく煮崩れ、メークインはちょっぴり煮崩れるところあり。煮崩れたところに煮汁の味がしみ込んで、とってもおいしく感じられます。

じゃがいもは切って水にさらす

それでは作り方をご紹介しますね。
じゃがいも(男爵またはメークイン)は、一口大ぐらいに切り、水にしばらくさらしてアクを抜きましょう。じゃがいもは、やや大きめに切ると煮崩れしすぎを防げます。

電気圧力鍋に油揚げを入れる

油揚げは熱湯をかけて、さっと油抜きしたら、

一口大に切り、電気圧力鍋に入れて。

電気圧力鍋にじゃがいもを入れる

油揚げを入れたら、次はじゃがいも。ざるに上げて水気を切って並べ入れます。

煮汁を加えて圧力調理

具材を入れたら、煮汁です。

だし汁、醤油、砂糖、みりんをよく混ぜ合わせた煮汁をひたひたより少なめで注ぎ入れたら、

圧力調理・1分にセット。

あら熱を取り、味をしみ込ませる

圧力ピンが下がったら、ふたを開け、しばらく置いて味を含ませます。

煮汁から飛び出たじゃがいもは味がしみ込むように、シリコンスプーンなどを使って、ざっくりと混ぜ合わせ、色の薄い部分を煮汁に浸けておきましょう。

あら熱が取れたら、味しみしみ。器に移して頂きましょう!

じゃがいもホクホクしっとり。じゃがいもと油揚げの煮物。
じゃがいもも油揚げも、甘辛味がしみっしみ。やさしい味わいで、じゃがいもそのものの甘みも実感できます。

【レシピ】じゃがいもと油揚げの煮物

それでは最後にレシピを記しておきますね。
圧力調理で煮崩れがちなじゃがいもは、品種を選べば、おいしい煮物が作れます。
男爵やメークインを使って、ぜひ一度お試しください~。

■材料(4人分)
じゃがいも(中)4個
油揚げ 2枚
★だし汁 1カップ
★醤油 大さじ2
★砂糖 大さじ1
★みりん 大さじ1


■作り方(圧力調理・1分)※パナソニック製の電気圧力鍋を使用。


1. じゃがいもは皮をむき、一口大ぐらいに切って水にさらす。


2. 油揚げは油抜きをして一口大に切る。


3. 電気圧力鍋に油揚げを入れ、水気を切ったじゃがいもを並べ入れる。


3. 電気圧力鍋に★の材料を混ぜ合わせて加える。


4. 圧力調理・1分にセットする。


5. 圧力ピンが下がったら、煮汁が全体にまわるようにざっくりと混ぜ合わせる。


6. しばらく置いて味をなじませる。


※パナソニック製の電気圧力鍋の圧力は70kPa(1.7気圧)で一般的な強さですが、圧力が異なる製品や他製品をお使いの場合は、加圧時間の調整が必要かもしれません。


【電気圧力鍋でヘルシーごはん】
このブログでは、ふだん使いで、なるべく手間のかからない電気圧力鍋レシピを研究中。おいしくできた料理をコツコツ公開しています。加圧時間や食材の組み合わせなど、電気圧力鍋を使うときのちょっとしたヒントにして頂けましたら幸いです。

電気圧力鍋料理の写真