【人参の肉巻き】電気圧力鍋でかんたんやわらか、味しみしみ

人参の肉巻きの写真

油を使わず、カロリー控えめな人参の肉巻きの作り方。人参スティックに豚薄切り肉をくるくる巻いたら、煮汁と一緒に電気圧力鍋に入れるだけ。圧力調理で人参やわらか。仕上げに煮込みモードで煮汁を煮詰めれば、味しみしみの肉巻きが完成~!

このレシピは、パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)と旧製品(SR-MP300)どちらでもおいしく作れます。

人参スティックを準備する

人参は圧力調理でやわらかくなるので、細く切らなくても大丈夫。
人参は太めのものを使い、皮をむいたら長さ10cm程度に切り、幅1~1.5cm幅の人参スティックを作りましょう。

人参スティックに肉を巻く

人参スティックができたら、それぞれに豚薄切り肉を巻いていきます。
豚薄切り肉を1枚広げ、肉の端に人参スティックを1本置いて、くるくる、巻き巻き。

人参を少し斜めにすると、人参の端まで上手に巻けますよ。

人参スティックそれぞれに豚薄切り肉を巻いたら、下ごしらえは完了です。

電気圧力鍋に肉巻きを入れる

肉巻きができたら、電気圧力鍋になるべく重ならないように並べ入れて。

ひたひたの煮汁で圧力調理

水、醤油、砂糖、みりんを混ぜ合わせた煮汁をひたひたの量で加えたら、

圧力調理・1分にセット。
人参は圧力調理でやわらかくなりやすいので、加圧時間は短くするのがポイントです。

煮汁を煮詰めて味しみしみに

圧力ピンが下がったら、ふたを開けましょう。
このままでは味が薄いので、煮汁を煮詰める準備をします。

アクが出ていたら、菜箸などで取り除き、

肉巻きを裏返して、色付きの薄い部分が煮汁に浸かるようにします。
肉巻き同士がくっついている部分は、肉が剥がれないようにていねいに裏返して、

ふたを開けたまま、煮込み・10分にセット。
アクをときどきすくいながら、煮汁をぐつぐつ煮詰めていきます。

煮込みが終わると、こんな感じ。肉巻きが茶色く色付いています。

このまましばらく置いて、あら熱を取りつつ、煮汁の味をなじませましょう。

食べやすい長さに切る

肉巻きを盛り付けるときは、食べやすい長さに切って。

電気圧力鍋で作った人参の肉巻きは、肉のうまみたっぷり!人参やわらか。
甘辛味もしみしみです。

冷めてもおいしいから、お弁当のおかずにも使えます。

【レシピ】人参の肉巻き

それでは最後にレシピを記しておきますね。
電気圧力鍋で味しみしみになる、人参の肉巻き。脂肪の少ない肉でも割とやわらかく仕上がります。
ぜひ一度お試しください~。

■材料(4人分)
人参(太め)1~2本
豚薄切り肉 200g
★水 電気圧力鍋により異なる
★醤油 1/4カップ
★砂糖 大さじ2
★みりん 大さじ2

*水の量(パナソニック製の電気圧力鍋の場合)
NF-PC4003/4カップ
SR-MP300(旧製品)1/2カップ
NF-PC400は、SR-MP300に比べて圧力調理時に煮汁が煮詰まりやすいため、水の量を変えています。

■作り方(圧力調理・1分→煮込み・10分)※パナソニック製の電気圧力鍋(NF-PC400・SR-MP300)を使用。


1. 人参は皮をむいて長さ10cm程度に切り、幅1~1.5cmの人参スティックを7本作る。


2. 人参スティックに豚薄切り肉を巻く。


3. 電気圧力鍋に2を重ならないように並べ入れ、★の材料を混ぜ合わせて加える。


4. 圧力調理・1分にセットする。


5. 圧力ピンが下がったら、肉巻きを裏返して、色付きの薄い部分を煮汁に浸ける。


6. ふたを開けたまま、煮込み・10分にセットして煮汁を煮詰める。


7. 煮込みが終わったら、あら熱を取り、食べやすい長さに切る。


※パナソニック製の電気圧力鍋の圧力は70kPa(1.7気圧)で一般的な強さですが、圧力が異なる製品や他製品をお使いの場合は、加圧時間の調整が必要かもしれません。

このレシピは、パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)と旧製品(SR-MP300)どちらでもおいしく作れます。

パナソニック電気圧力鍋の新製品(NF-PC400)はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック NF-PC400-K 電気圧力鍋 ブラック NFPC400K
価格:27,551円(税込、送料別) (2024/4/30時点)


パナソニック電気圧力鍋の旧製品(SR-MP300)はこちら↓


【電気圧力鍋でヘルシーごはん】
このブログでは、ふだん使いで、なるべく手間のかからない電気圧力鍋レシピを研究中。おいしくできた料理をコツコツ公開しています。加圧時間や食材の組み合わせなど、電気圧力鍋を使うときのちょっとしたヒントにして頂けましたら幸いです。

電気圧力鍋料理の写真